BLOG

2018年6月13日

玄関ドア

クレアールスタイルのブログに

ご訪問いただきありがとうございます(o^^o)

美容院の工事でお店の顔でもある

ファサードのドアを取り付けました。

無垢のドアが年月と共に古くなる

感じがお店の雰囲気を作って行きそうです。

今は若いワインのようです(o^^o)

あっワインなんて味はよくわかりません〜

ドアはあえて色をつけなくてもいい感じです。

鍵穴を現場で空けます。

オーダードアなので穴も職人さんが

丁寧に空けます。

なかなか細かい作業ですよ!

次は住宅家具を完成させます。




クレアールスタイルホームページ

2018年6月12日

蟹江の美容院家具工事

クレアールスタイルのブログに

ご訪問いただきありがとうございます(o^^o)

今日は梅雨の晴れ間(o^^o)

夏らしい日差しですが、

まだ過ごしやすい日中です。

現場は汗だくです(^◇^;)

蟹江の美容院のオーダー家具と

ファサードの玄関ドアの工事が

始まりました。

可愛い美容院になりそうです!


梅雨晴れの現場は雨で搬入の時

家具が濡れないので嬉しいです*\(^o^)/*

クレアールスタイルホームページ

2018年6月9日

社員食堂リフォーム工事中

クレアールスタイルのブログに

ご訪問いただきありがとうございます(o^^o)

社員食堂のリフォームが始まりました。

食堂が使えない期間を短くするために

解体と大工工事が同時進行してます!



天井をどんどん仕上げていきます。


床のタイルが原因不明盛り上がっていたため

一部ハツリをしています。

皆さん暑いですが頑張ってください(o^^o)

2018年6月8日

社員食堂をアジアなカフェへす

クレアールスタイルのブログに

ご訪問いただき

ありがとうございます(o^^o)

ブログを久しぶりに更新します。

最近はオーダー家具と

インテリアリフォームをご希望される方が

多くなってきました。

マイホームは買ったけど自分らしくしたい!

どこに相談すれば良いかわからないけど

とりあえず食器棚は必要なので探している

お客様がクレアールスタイルの

コーディネートを気に入っていただき

クロスやタイル、照明、カーテンなどを

オーダー家具とトータルでご相談を

いただきます。

ありがとうございます(o^^o)

もうすぐ始まるリフォームは

会社の社員食堂を社員の為に

綺麗にしたいという若い社長様から

ご依頼いただき只今社員食堂を

アジアなカフェ風にリフォーム作戦中です。

ランチタイムは海外から働きに来ている

社員さん達は明るく楽しいおしゃべりタイム

やお昼寝をしている社員さんも!

多様な用途をふくんだコミュニケーション

スペースとして新しくなります。

皆さん楽しみにしていらっしゃいます。

ベトナムへ行くときは是非

案内してもわらなきゃ!!(o^^o)


クレアールスタイルホームページ

クレアールスタイルリフォーム専用ページ

2018年4月16日

GWのお休みについて

新学期を迎えて新たな生活を

スタートしましたね。

お弁当作りが毎週土曜日にあったり

私もお母さん生活がまだまだ慣れてません!

もう少しでGWのお休みです。

まずはそこを目指して頑張ります(o^^o)

クレアールのGWのお休みについて

4月28日土曜日から5月6日まで

お休みさせていただきます。

メールの返信など5月7日以降になりますので

ご了承くださいませ。

2018年4月12日

ヴィンテージインテリアに合うキッチン食器棚完成

クレアールのブログにご訪問いただき

ありがとうございます。

完成写真をアップできていませんが

少しずつ投稿させていただきます。

古いレコードなどが壁に飾られた

インテリアのお客様のキッチン食器棚が

完成しました。

機能だけでは物足りない

新築のご住宅で食器棚を揃えるならと

既製品も含めてご検討されていたお客様は

既製品もまぁまぁ金額はするし

だったら自分のイメージに合うものに

したいとオーダー食器棚を

ご選択されました。

ご相談する中ご自宅のインテリアを見て

これだ!!と閃きました(o^^o)

ヴィンテージに合うキッチン食器棚

クレアールで考えたイメージは

定番より個性でした。

定番は間違いなく何にでも合います。

飽きもこないし長く使っていただけます。

しかし!

ハッとする感動を今回はイメージに作りたく

個性的な吊戸棚の色にしました。

オリーブグリーンにヴィンテージ風ガラス

訪ねて来た方がワッと驚き

イメージに残るキッチンになりました!

インテリアと機能のダブル効果ですね。

これからのインテリアのカスタマイズも

お客様にご提案をして

少しずつ自分色のお住まいになっていくと

嬉しいですね!


クレアールスタイルホームページ

2018年3月17日

ダナンに行ってみたい!

クレアールのブログにご訪問いただき

ありがとうございます!

会社の食堂をリフォームするお話があり

イメージを探していました。

ベトナムの方も働かれている会社なので

ベトナム風カフェにしようかな〜と

色々見ていたらダナンに

行きたくなりました!

ダナンのPHEVA CHOCOLATE

チョコ好きの私にはたまらないお店です(^^)

可愛いカフェもありメモしなくては!

cong ca pheコンカフェ

danang souvenirs&cafeダナンスーヘニアズ&カフェ

KOI cafeは有名店みたいですねー

まだまだ調べがいがあるダナン!!

もう少し調べたらまたブログに

ご紹介しますね

2018年2月22日

現場で感動!

クレアールのブログにご訪問いただき

ありがとうございます!

毎年春まで工事も工場も打ち合わせも

バタバタする時期です。

毎年なので想定済みですが

忙しい時期ほど初心忘れべからず!!

お一人お一人のお客様がご希望のお住まいに

なるように頑張ります(^o^)

そんな時、現場でエアコンダクトを

家具に隠すというミラクルな

工事がありました。

エアコン屋さんと共同で現場合わせで

工事を進めます。

カーリング女子の相談のように

可愛くはないですが

こうなるよーどうする?

こうしたらどう?

だよねー(^o^)

何ていい大人が集まり作戦会議です。

家具を現場で改造したり

職人さんの腕の見せ所です。

私もある程度ダクトとの間に

隙間が空く事は想定していました。

しかし。。。


全く隙間なく納めてくれた職人さん!

ダクト屋さんも

プロだねーー!凄い!!

とべた褒めでした。

いやー皆んなでこんな地味な写真を

パシャパシャ撮影していました。

説明しないと何の写真がわかりませんね!

もちろん出口も綺麗です。


頼りになる職人さん(^^)

手間を惜しみなく掛けてくれるから

現場で信頼できるんです。

そんな志の高い周りに

クレアールスタイルは支えられてます!

皆んな頑張ろー!!

2018年1月22日

アメリカからメール

クレアールのブログにご訪問いただき

ありがとうございます。

今朝メールチェックするとアメリカから

メールが届いていました。

2016年にご契約頂いたお客様です。

マンションをご購入直後にアメリカに

転勤が決まり新しいマンションに

住むことなくご家族皆さんで

渡米されました。

クレアールのオーダー家具も

ご契約されてそのまま新しいマンションに

納品する事も出来ましたが、

奥様の気持ちを察すると待ちましょう!

戻った時に新しい家具を使って

頂きたくて契約有効期間を

帰国とさせていただきました。

今朝のメールはアメリカ滞在が

1年伸びたとのお知らせでした。

家族もお一人増えて楽しく

過ごしてらっしゃるみたいです(^^)

私も安心しました。

オリンピックイヤーにご帰国されるまで

待ち遠しく楽しみに

2020年を待つ事にします。

待った甲斐があったと言われるように

日々勉強して磨きをかけて行かなくては!

2018年1月20日

介護と理解

クレアールのブログにご訪問いただき

ありがとうございます。

音楽家の小室哲哉さんが引退されましたね。

こういう話題に個人的意見をブログに

投稿することがありませんが

この話題が出た時、母と話した事は

『介護の辛さはやった人でないと

解らないよね』でした。

小室哲哉さんの真実が小室哲哉さん自身の

記者会見であれば

私は理解できます。

私も父が20代前半に脳出血で倒れました。

母は会社を運営してもらわなければ

ならないため、

私と妹で父の介護をする事になりました。

20代前半。。

まだまだ周りは楽しい事ばかりの年代です。

重度の父の状態だったので私たちは

他人に任せる事ができませんでした。

何より強かった父の変わり果てた姿を見て、

見て見ぬ振りができなかったと思います。

『私たちで面倒見るから、

お母さんは会社を続けて!』

何のためらいもなく決めました。

一週間泊まり込みでリハビリ病院にいて

妹と交代をする日々が3年続きました。

ある時友人とご飯を食べに行った時

私の日常は介護なので、その話題をすると

『暗くなるからやめて』

と言われました。

確かに明るい話題ではないので

私も反省ですが介護や病気の話は

聞かされても

『大変だねー』

『頑張ってね』

しか言えませんよね。

本当に泣きたくなることも話せるのは

家族や同じ病気を持つ方やその家族、

そして近くにいる医療従事者の方

重ーい話をしても聞いてもらえるし

理解してもらえます。

介護をしている方の本当の気持ち

出口の見えないトンネルの中で

葛藤しながら逃げ出さない

逃げれない日々。

誰かに理解してもらいたいんじゃないのかな

最近私の周りの親しい方々が

病気で闘病しています。

何もできないけど

話を聞いてあげようと思います。